ニートをやめたくてモテたくて

29歳のニート実家暮らし、回顧とダメ日記

だってまだ始まったばっか21世紀

ECDが死去。

朝、ツイッターで訃報を知る。

死ぬのはもう分かってたんだけどやっぱ悲しい。

 

最初に楽曲を聴いたのは、

2008年の年始特別番組「ダブルDJショー」というラジオ。

向井秀徳×宮藤官九郎が去年よく聴いた音楽をお互い掛け合ってた時に流れてきた、

LAND OF THE DEAD

 

何度確かめても、何度確かめても、何度確かめても残高ゼロ、残高ゼロ。

 

チープなリズムマシンに乗せ、何度も同じフレーズをリフレインさせていたのにやられた。

私的なラップも楽しかった。

 

それから彼が37歳まで童貞だったという情報が耳に入り、

半ば強制的に聴かざるえなくなった。

 

著書、アル中期の記録「失点・イン・ザ・パーク」は何度か読み返した。

 

去年、癌を公表してから、妻の植本一子の著書も全て読む。

食道癌の転移が見つかり、6月の時点で余命数ヶ月と書いてあった。

9月、DOMMUNEに出演。

痩せ細った姿を見て、もうそう遠くないと確信する。

 

ECDのツイートがタイムラインに暫く登場しないと不安で、たまに検索して安否を確認していた。

 

ライブを1度も見に行かなかったことを悔やむ。

8年前、明大前でまだ幼い娘2人をおんぶ抱っこしていたのを目撃した事はあったが。

 

ECD - cutting edge

今日はこの曲をエンドレス。