ニートをやめたくてモテたくて

29歳のニート実家暮らし、回顧とダメ日記

めくらトピア

R-1グランプリはまた安定したつまらなさだ。
どうせゆりあんが優勝だろう。

と思ってたんだけど、
優勝した濱田祐太郎ていう人がすげぇ面白かった。
視覚障害者の自虐漫談。
ツイッターでの乙武洋匡のような自虐ネタだった。

勝新太郎座頭市物語を見たくなった。

 

よく目が見えない人は耳が研ぎ澄まされている言われるが、自分にはわからないと。

盲学校での友達同士での会話、

足音で「いまxx先生が通ったね」

「ほんまやなあ」と分かってるふりをしていたと。

盲目でも空気を読むのか。


でも彼の面が整ってなかったら笑えなかっただろうな。
アインシュタインのフランケンみないなのだったら。

彼は不憫過ぎて笑えない、ハゲてきてるし、相方がナルシストなのもキツイし。

 

スタンドマイクまで引率していた男が、カッコつけながら去って行ったのにはイラッとした。

私もあなたのネタの一部ですってか?

これからネタ番組に出て来るたんびに、毎回あのブサイクでナルシスティックな引率男だってらやだなあ。

 

あと結果発表のポイントを濱田祐太郎の隣にいた紺野ぶるまが、誰々に何ポイント入ったとか耳打ちしてたけど、あれいる?

別に女子アナがちゃんと発表してるのに。

俺にはあざとく見えた。

ちんこなぞかけは好きだけど。

 

彼のオナペット事情が気になる。

女の喘ぎ声をイマジンするのだろうか?

甘い匂いで嗅いだらおっ勃つのか?

おっぱいを触れば、これはエロだって感覚になるんだろうか?

 

彼が感動ポルノとして消費されないことを祈る。

ラソン走るなよ。

 

羅針盤 - 星のね